ほんとにあった怖い話 | たかくさ保育園
たかくさ保育園のブログ

ほんとにあった怖い話

ある晩、眠りにつこうと布団に入ると同時に気が付きました。

「あ、洗濯物干し忘れてた」

めんどくささで重い体をなんとか起こし、洗濯機へ向かいます。

一枚一枚衣服を洗濯機から取り出し、干していると、ふと違和感が。

裸眼だったのでよく見えなかったのですが、服に茶色のゴミがいくつもついているのです。

このときはまだ「ポケットに何か入れたまま洗濯しちゃったのかな…」くらいにしか思いませんでした。

軽くはたいてハンガーへ衣服を掛けます。

そして最後に丸まった靴下を広げた次の瞬間、そこにあったものは…

 

 

ゴキ●リのバラバラになった胴体だったのです!!!!!

 

 

本当に血の気が引きました。

 

 

ちなみに、翌朝メガネを掛けて洗濯機周辺をみると、私がはたいて落としたであろうゴキブリの足やら羽の一部やらが散乱しておりました。

見えないって、怖い。

 

次の日早々にドラッグストアへ向かい、ブラックキャップを購入したのは言うまでもありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031