ブログ

実感した観光事情

HPが新しくなっての園長のブログ更新です。ご無沙汰しております。

最近は西へ行ったり、東へ行ったり、行動半径が広くなっています。でも結局は目的を果たすためだけに行くので、そこがどんな観光地であってもめったにあちこちへ寄ってくることはありません。たとえ、その近くに有名な温泉地があっても、たとえ隣の町に有名な名所旧跡があったとしても・・・です。でも昨日は都内で午前中の会議が終わり、次の予定は別の地での18時からのものだったので移動を考えても4時間くらいの余裕がありました。さて、その時間をどうする?何度も都内に出かけますが、ほとんど新幹線の時間に合わせての行動なのでどこにも行ったことがない。詳しいのは東京駅の構内だけで他は知りません。そこで思い切って東京スカイツリーに足を延ばしてみました。遠目には何度も見ていましたが、その足元に行ったのは初めて。見上げればまさに天を衝くという表現がぴったりくるものでした。今更の感動かもしれませんがね。そこでの時間は使いこなせず、東京駅に戻るついでに浅草へ。駅を出たら、そこはすでに人の波。と言うか、ほとんどが外国の方ばかりで驚きました。和服体験の女性もほぼ、外国の方でした。行きかう人々の言葉に日本語を聞き分けるほうが難しいくらい。以前は修学旅行の生徒たちが多かったのですが、そちらはほんの少しだった。スカイツリーには外国の方はあまりおらず、浅草にはあふれるほど。「ザ・日本!」を体験できる場所を求めているのだろうなあと思いました。今や、どこの観光地も外国の方が多いとか。それを体感した4時間でした。

普段、世界の空気に触れていなことがよくわかりますね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新のブログ