ブログ

新しい生活様式

コロナ禍において東京での会議はすべてリモートになりました。組織側もそのスタイルに慣れてきて、今や、当たり前のことになっています。これまで多い時は毎日のように新幹線で上京しては会議等に出席してきた私ですが、このような状況になり、県外に出かけることは、まず、なくなりました。手帳には本来なら、今頃は青森だなあ、三重県だなあ、などと思いを馳せる予定がそのまま、書かれています。

首都圏での研修も参集型は不可能となり、Web研修となっています。遠くまで1日がかりで出掛ける必要はなく、必要な時間に園内のパソコンの前に座るだけで全国規模の研修を受けることができます。時間のロスはないし、オンタイムでなければ自分の都合のよい時に視聴できます。便利ですね。会場の規模によって申し込んでも受け入れができなかったりすることはありません。とはいえ、やはり、研修は参集型が望ましい。この状況が落ち着いたら、また元の形になって仲間たちと直接、会いたいなあと思います。

さて、このWeb研修会の開催にあたり、会長挨拶なるものが必要となり、本日、収録を行いました。普段の挨拶なら参加者が何人いてもあわてることなく、原稿なしでも何とかこなすのですが、今回は勝手が違う。カメラの目線に原稿を合わせ、読んでいるようで読んでいないような雰囲気を出さねばなりません。試行錯誤で何とか終えました。焦って、とちっては、録り直したり。ますます、焦る。この意味でも早く、もとの形に戻ってほしいと心から祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新のブログ