ブログ

悩みはこんなところにも

今年度、地元の大学で乳児保育の講義をさせていただいています。通年です。毎週、講義のために資料を考え、印刷するのに追われています。前期の分を終え、一応、テストをしてみたら、何人かが点数を満たさず、へこみました。私の授業のせいですからね。普段、口を酸っぱくして伝えてきたことを問題にしたのですが、まだまだ、伝えきれていなかったらしい。居眠りしている学生もいるし・・・。そして後期、出席と提出物、それさえ、きちんとやれば、最低の合格点は出せる仕組みにしました。もちろん、内容の評価はします。それが、プラスαになります。しかし、これができないのです。授業の理解はもちろんですが、最低の基準はクリアする、これはこれから社会に出ていく人たちにとってなくてはならない意識です。これも含めて乳児保育の授業なのかなあ・・・

先日、「来年度もお願いします」と依頼書を手渡されました。そこで「嫌です!・・・と言ってもいいのですか。」と聞いたら、事務室中がシーンとなった。「わかりました。しぶしぶ、受けます。」と答えました。

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新のブログ